鉢でバラを無農薬栽培

鉢でバラを無農薬栽培する記録

カミーユについて

下記は「カミーユ」に対してのバラの家さんの紹介の文面
そちらに( )は今年大苗が届いて育てた私の感想です

***************

シルバーがかる淡い藤色、波状弁咲き、中輪房咲きの花。ティーにグリーンの微香。
(色はおっしゃるとおり、波状弁咲きはうちではまだですね。香りは微香?無香?レベル)
高温期には丸弁八重咲きになることも
(夏は咲かせてないです。そのせいか伸びがすごい!!樹勢はかなり強い)
遠くから見ると一見寂しげに見える花だが、
(多分ですが、あまり花はつけないタイプ、単体で花を先端につけ、花数は少ないです)
このバラに近づき、その表情を見ると見たもの心を離さない魅力がある。
(おっしゃるとおり、花ビラ数の割にはボリュームを感じるシャクヤク?いやハス咲きのようなタイプ)
涼しげな瞳をもつ女性のよう。しっかりとした花弁で花もちが良い。
(多少雨で汚れはしますが、他の紫青系のバラに比べたら花弁は強靭な部類。
っていうか紫系のバラはノーヴァリースを筆頭に雨や陽に弱いものが多いです。
話は脱線しますが、ブルーグラビティも花持ちがよく花弁はかなり強い方)
切りバラにも向く。花弁が散りづらい。

***************

カミーユ」はね、色が繊細で素敵ですよ
最初の一番花の印象は「ローズシナクティフ?」

ブログ内の「カミーユ」を参照https://hati8chang.hatenablog.com/entry/2022/05/14/065215


一番目の花はちょっと剣先咲きで色が濃い目だった
けどそのあとはカップ咲きで薄いグレーパープル
ハスのような花型で透明感がある風情が素敵でした

花型以外も横に大胆に広がるのも「ローズシナクティフ」的
だけど枝ぶりが荒いので結構空間が空き気味、枝も結構太くってね
うちのような狭いところで管理する場合、巻く時、どうしよう…って感じ
高いフェンスに他のバラと一緒に合わせるのがよいかも

特化しているのが「樹勢」すごいこと
暑さにも強いですね
ただ花はバンバン咲かすタイプではないですね
年月が経てば変わるかな?

なんかでっかくなりたいタイプのバラのよう
鉢より地植えの方がよいかも
まあ…うちは選択肢は鉢しかないのですが

この花は秋バラがとても楽しみ
返り咲きとあるが、夏も蕾をたまにつけるので
秋バラも咲くだろうと期待している
春バラも蓮のように素敵だったので
秋がどうなるか楽しみ
波は出現するのか?

おススメかと言われたらおススメです

混み入ったところは黒点病になりますが、耐病性はかなり高いです
ただ、ちょっとバラの家さんの写真や紹介文をみていると
華奢なタイプなバラ?と思われる方いるかもしれませんが
でっかくなるおおらかなタイプのバラですからっ!!

枝が太いので木立っぽくなりますが
それでもでかくなるタイプ
軽く2mクラスになりそうです
花首はしっかりしているんですが
シュラブな?ツル的な特性があり横に伸びて花をつけるタイプ

庭が狭いので無理に構造物にて大きさを制限してます

ちなみに強靭と言われる「ローズシナクティフ」はそれなりに黒点病になりますが
カミーユ」はもっと強い耐病性を備えて、しかも樹勢はある
ですので広いガーデンで地植えにしたら理想的なバラかも