鉢でバラを無農薬栽培

鉢でバラを無農薬栽培する記録

植物の廉価品は買わない方がよい

基本、植物の見切り品は
おススメしませんね


植物は状態が悪いと価値がほとんどないから

価値がないからこそ安くなるんですが
安くなってもその価値は価格以下であることが多いです

花期が終わって来年のために購入する場合は別ですね
アジサイとか花の終わりかけたものが安く売ってます

注意点は西洋アジサイは成長がすごい早いので
翌年すごく成長してしまうことです

クレマチスもお得かな?
新苗だったら
春はやめた方がよいですが秋はだったらよいかも

まずクレマチスは新苗時代は
かなり弱く廉価品でなく
通常なものも枯れてしまうことがあります

2年以上の苗がおススメと言われてます

ただ新苗から育てていると
クレマチスのことがよくわかります
あと価格も全然違います

春の新苗の場合
苦手な梅雨と夏が控えているので
根が充実する前に弱い株の場合
ココが乗り越えられないケースが高いです
秋株だとこれから休眠なので
春株より安定性が高いですよ

弱い品種や根が細いタイプは避けた方がよいです
アトラゲネ系やテキセンシス系は
ただでさえ弱く、廉価品なんかはご法度

バラの見切り品も買わない方がよいですね

私は見切り品のバラを実験のために購入します
うちは無農薬で育てているので
見切り品で状態が悪いと致命的ですが
丈夫な品種だったら復活させます

品種によってどうするか決めています
新苗で廉価品のつるっぱげた
「チェリーボニカ」
復活まで3年かかりましたよ

大苗だったらある程度復活しますが
新苗はおススメしませんね

しかし弱い植物を世話すると勉強になります
勉強のために購入する場合
「なぜ廉価品なのか?」と予測できることがおススメです

そうしないと
病原菌や害虫を持ち込み
自分宅にある丈夫な植物を弱らせるきっかけになってしまうからです

注意は
ウイルス系の病気
菌系の病気より厄介です

バラだと癌腫
他に伝染します

ブルーシクラメン2

今年は新品種「そら」を
楽天の「パリジェンヌ」というお店で購入
一部球根の腐敗

球根が腐敗するとシクラメン
春まで持たせるのがより難しくなります

ただでさえ管理が難しい
しかもお高い!!

お店の伝えたところ代用品を送ってくれましたが
最初よりマシな品でしたが
…一部部分はやっぱりね…って感じです

ただ、これはもう仕方がないんだと思い
次回から

予約で買うぞ!!
もしくは肉眼で買える店舗で買うぞ!!

ちなみに今年は
・大栄花園の安いタイプのサムライシリーズ

イオン系列「ルポゼ・フルール」という花屋さんで購入
大栄花園はサントリーに青いシクラメンを伝授した
ブルーシクラメンのパイオニア

お高いものは1万円前後でネットで販売
小さい球根は安いサムライシリーズで
契約されている園芸品にて早い時期(11月頃)で販売されるそうです(2千円前後)

高いのも「サムライ」シリーズだが、株がしっかりした基準をクリアしたものがネームで売られ(例:江戸の青や月下等)、クリアできなかったものは安くネームなしで売られている

私が購入したのは安い「サムライ」シリーズは

・「月下」と思われるもの

・「晴天」と思われるもの

 

「月下」は濃紫にブルーの葉

最高の一言!!です

しかし…
弱いですね、茎も細い(茎が細いタイプは難しい)
価格を抑えるためか底面給水鉢でもない
ただ、難しい品種は底面給水鉢でない方が
ある意味管理がしやすいですよ(管理は難しいです)

ポイント
毎日鉢をチェック(重さを覚える)
低温気味に育て過湿に注意

「晴天」に近いもの
サントリーのセレナーディア ライラックフリルに似るが
こちらの方がだいぶ丈夫

茎が太く花付きもよい

ちなみに今年の新作
北島園芸の「そら」はこの色に似てます

特徴は
茎が短く、花びらも丸みを帯びたタイプ
しかし品種が安定(遺伝的)してないようで

・割れるタイプ(奇形)タイプの花びらが多く出る
・数が多いタイプの花びら(奇形)が多く出る
・茎は太く短い
・葉が黄色味かかっている(店舗管理の問題と思われる。化学肥料のあげすぎ?(逆の場合もあり))

正直、うちにある「そら」は
見た目は大栄花園の足元にも及ばない品種だが
新しいタイプのブルーシクラメンではある

↑左が「そら」、右が「月下」もどき、葉の色が美しい
写真だと表現されてないが濃い紫が美しい
「そら」は実物よりこの写真の方が荒がみえなく良いかも

↑左が「晴天」もどき、中は胡蝶蘭、右が「そら」
「晴天」もどきは11月からずっと花がこんな状態(花付きが抜群で丈夫)
こちらが代用品の「そら」花びらの奇形もこちらの方が少ない、色合いは「晴天」もどきよりやや青味は強い

 

 

ブルーシクラメン1

今年もブルーシクラメンを購入しました
毎年ブルーシクラメンを購入するにおいて
勉強したポイント

予約で購入した方がよい!!

理由は
シクラメンのプロから
各園芸店に配送されるんですが

シクラメンは大変管理が難しい植物
特にブルーシクラメンは特に弱い

まず、シクラメンは水の閾値が狭いんです

そのために「底面給水鉢」が多いんですが
それでも球根が腐るんです

他にメンテナンスが必要で
葉組を行わないと容姿がボロボロになります

予約以外で買った場合
ほとんどが球根の一部が腐り
容姿が乱れるものが多かったです

私は近所の園芸店で
廉価品(腐敗が始まったもの)を
買い漁り、活路を探しました

安い系のシクラメンの方が丈夫な品が多く
一部の腐敗なら切り取ることや
シクラメンが大丈夫な温度帯の低温で共存させる
無難なのは抗菌薬を使うことですが私は無農薬で様子見

結果、シクラメンは球根が腐る前の物を購入した方が
断然よい!!!

理由は
・復活できる可能性が低い
・復活しても時間がかかる
・花数はとても減る
・欠損したものは越夏は難しい

うちは越夏をさせる場所はないのであまりしませんが
やはりシクラメンのプロの育てたものとダントツに違います

もし越夏をさせる場合のポイントは球根を太らせること!!
花が付きづらくなったら葉をワサワサさせ、
肥料をあげて球根が大きくすることが大切
湿気や温度にうるさいので注意です
ただし、ブルーはこれまたすごい難しい
買いなおした方がよいと私は思いました

やはり美しいブルーフハープ

「ブルーフハープ」の色合い
秋は濃厚な紫になります

「ラプソティブルー」交配グループの中では
花持ちはよい方

開ききると椿のように黄色シベが美しく
温度が下がると写真のように閉じ気味になって
シベを見せない花も登場します

 

↑写真のような状態が結構長く続き
紫の色が少し薄くなり明るくなってきます

 

↑兄弟品種の「スイートセレナード」は

青味は強いがグレーが入ったくすんだ感じ

花持ちは悪いです

ブルーグラビティの秋バラ

今年の秋バラは小さめな「ブルーグラビティ」

小さくなる理由は
黒点病で下葉を落とすのと
夏に弱いからだと思います

ただね、青バラの中では
耐暑性は高い方ですよ

私としてはこのくらいの花の大きさの方が好きかな?
綺麗な水色にムフフとしてます

写真だと色味が変わってしまうけど
青味の強い水色なんですよ

写真の写り方の色合い
「トワイライトヨコハマ」の秋バラがこんな色

今、いろんな青バラ?紫バラ?が咲いてます

ちょうど晴れが続き
すこしちゃんとした状態の
「ノーヴァリース」や「しのぶれど」は
道を通る人に人気あります

でも一番人気はフリフリの「ニューウェーブ」かな?

「マチネ」の秋バラは
秋は花持ちがよく、花びらが丈夫であまり汚れなく
ライラックシルバーって感じになっておススメです

 

↑「ブルーグラビティ」の後ろに写っているのは「カミーユ

グローブマイスターのボーリング

うちの「グローブマイスター」はほぼボーリングになります
多分、雨のせいですね
同じ一族である「パブロック」もそうですが
「グローブマイスター」よりもたまに
雨が少ない時は開いたりします

固い蕾のママっていうよりも
中心が開かない状態が続く状態
そこから不動になり花持ちもよいです(ボーリング状態で)

そういえば「パブロック」の交配親は
「クリムゾングローリー」様らしいですよ
たしかにニオイの系統が似てますね
ちなみに「クリムゾングローリー」様もそんなボーリングは起きますが
上記のバラに比べ頻度は低く開花率は全然高いです

「グローブマイスター」に戻りますが
耐病性はバラの家さんだったらタイプ1くらい
耐暑性は普通で夏は成長ストップします
※耐暑性が強いといっている「シャリマー」も我が家では成長が止まります
 「シャリマー」もERの系統があるかな?と思ってます

ちなみに「パブロック」はタイプ2くらい
耐暑性は「グローブマイスター」と同じくらい

忽滑谷氏のバラの耐病性ですが
品種にもよりますが
黒点病の耐病性は高いモノが多いです

ただ葉は結構汚れますね
虫食いとか、菌系の病気の初期段階
暑さとかでね

それに多少の病気では葉を落とさないです
葉を落とさないバラは基本的に強いバラが多いです

雰囲気的にERを無農薬で育ているイメージ
無農薬でも葉が汚くても構わないのなら生き残っていくしぶとさ
野ばらのような強さを備えてます

耐病性に定評がある木村氏のバラと比較してみましょう(タイプ1)
木村氏のバラはある時を境に黒点病にもなり葉を落とす傾向はあります

忽滑谷氏のバラと木村氏のバラは葉の形状や質が違っていて
強さの傾向が違うんです

木村氏のバラはモダンローズ的で葉が大きく
忽滑谷氏のバラはオールドやERのように葉が小さいものが多いです

耐病性のシステムも先ほども書きましたが
木村氏はある時を境に黒点病がバーと出る感じが
遺伝的に黒点病の許容値が広がったような強さです

忽滑谷氏の方は野ばら系がもつような粘り強さみたいな強さ

なので忽滑谷氏のバラの方がボロボロになりやすいのですが
しぶとく生き残っていく強さみたいなものがありますね

 

「グローブマイスター」はこの球状の状態が長く続きます
これはこれで鑑賞価値があるかな~と思ってます
ちなみにこうなると開花せずにこの状態で散ります

一度だけ開いた時をみましたが、開くと花期は短くなるようです

クレマチスの植え替え2(根を切る場合)

クレマチスの植え替え
https://hati8chang.hatenablog.com/entry/2022/11/03/230159

こちらは秋の植え替えを中心に書きました
クレマチスの根がまだ活動時期の時の植え替えです

株が小さくクレマチスがまだ安定してない場合
秋の植え替えが一番よいと思っています
それはクレマチスが一番活動的になるときに
根が安定した状態になるからです

クレマチスが活動時期
春から芽吹いてズンズン大きくなります
この時期にどれだけ大きくできるかが
大切なんですね

その時によい状態の根だと
花もよく咲きます

クレマチスは梅雨と夏が苦手です
この梅雨にどれだけご機嫌な状態を保持できるかも重要です

これら2点を踏まえると
秋に植え替えをしておいた方が
無難なんですね

秋の場合は後々葉は落葉するので深植えしますが
春の場合はサイズによっては少し成長させてから
深植えした方がよいでしょう

十分株が大きくなり
もう大きくしたくない!!コンパクトに育てたい場合
根を崩すように植え替えも可能になります

その場合、植え替えは休眠期(東京では12~2月頃)に行います
詳しくはまつお園芸さんの
冬のクレマチスの植え替え解説
https://www.youtube.com/watch?v=hhUTw_yGWkM
参考にするとよいですよ

その時出てきたのが「ハイフレッシュ」
天然の珪酸塩白土の微細な粉末です
根腐れ防止となります

ちなみに根を崩して植え替えができるのは
根が太いタイプのクレマチスです

あと根を崩す場合は念のため
保険で挿し木とかツル伏せなどを行って
スペアを作っておいてからがよいですよ

あとは株分けの場合も同様ですね